表紙を見せて洋書をスタイリッシュにディスプレイしませんか?


こんにちは。西村文生堂スタッフの渡邉です。

さて、今回はタイトルの通り洋書を、表紙を見せて飾ることでより空間がスタイリッシュになる方法をお教えします!



ー 表紙を見せて洋書を飾るメリットって?



当店では、洋書のディスプレイ方法として2パターンの手段を使って棚に洋書を設置しています。

まず、1つめは背表紙を見せる方法。もう1つが本日オススメする表紙を見せてディスプレイする方法です!


前者のディスプレイ方法では洋書のカラーを際立たせて、空間のイメージに合わせた色彩をコーディネートすることが可能です。

モノトーンが基調の棚の中に綺麗な青色の洋書や、緑色の洋書が入っているだけでもワンポイントカラーになってかなり可愛いですよね?




一方で、表紙を見せてディスプレイする洋書は、「大判」と言われ、写真集や雑誌などに使われるサイズのものを利用します。

判型が大きいことで、写真やイメージがわかりやすく伝わるため、ディスプレイする空間のコンセプトが決まっているときは、この手法がかなり役立ちます!


例えば、ファッション関係の会社のオフィスには「ファッション」関連の書籍はもちろんのこと、「デザイン」や「アート」などの書籍をセレクトしてディスプレイをしてみたり。

はたまた、コーヒーに拘ったカフェを作るのであれば「コーヒー」に関連する洋書や「原産国」にまつわる書籍を集めてみたりもできます!


どうですか?あくまでも、飾りとしての書籍ですが、内容が事業とマッチするだけでもなんだか空間に説得力が増すような気がしませんか?


そうなんです!このディスプレイ方法のメリットは、その場所が目指す方向性や事業内容を勝手にプレゼンテーションをしてくれるところ。


さらには、ディスプレイだけにとどまらずに書籍を読んで楽しむことだって可能です。




ーどこで買える?


当店では「ファッション」「アート」「インテリア」「フード」などの幅広い分野の洋書を用意しております。


店舗に来ていただくことで、お客様の好みで洋書を選ぶことも可能です!


さらに1万円以上お買い上げのお客様は送料を無料で対応させて頂いています。

(※現金でのお買い上げの場合のみ)


空間に設置する本にお悩みでしたらまずは当店にご相談下さい。

365日年中無休で対応させていただきます!


洋書ディスプレイのご相談・ご依頼はこちらから。







​実店舗のご案内

Shop Information

営業時間 / 11:00 〜 19:30

定休日 / なし

TEL / 03-3717-6843

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-11-8 

MAIL:nishimurabunseido@gmail.com

​フォローする

Follow Me

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン