STAFF

BLOG


「自由が丘」と呼ばれるこの土地はもともと荏原郡碑衾町大字衾字谷畑中という地名であり、農家が60戸ほどある、竹林の多い郊外のどこにでもあるような村のうちの一つだった。

1927年に電車が敷かれ駅ができ、現在の自由が丘の始まりとなるのだが、その時の駅名は“九品仏前”駅。同年に自由教育の提唱者であり有名な教育家である手塚岸衛(1880‐1936)が自らの理想を体現するための学校“自由ヶ丘学園”を現在のピーコックの場所に設立する。ここに「自由が丘」という名前が世の中に登場した。本当は“自由学園”としたかったそうだが、その時すでにその名前の学校が他にあり、自分の学校を創ろうとしていた敷地の中に小さな丘があったことから“自由ヶ丘学園”としたそうである。この丘、大正時代の地図にあたっても表記があり、現在でもピーコック駐車場学園通り沿いの段差に名残をとどめている。また、この「自由が丘」という名前を着想した源には、手塚がヨーロッパで自由教育を学んだことにもあるのではないかと思う。1920年代、芸術文化の中心はパリであった。まさにエコール・ド・パリの時代、新進気鋭の芸術家や思想家がモンパルナス(montparnasse)やモンマルトル(montmartre)に集まっていた時代だ。そしてフランスの国家標語は“自由・平等・友愛”である。この“自由(liberté)”と“モンマルトルの丘”のイメージから「自由が丘(montliberté)」という、とてつもなく斬新なネーミングが生まれたのだと思う。自由が丘の“自由”は英語で言うと“freedom”ではなく“liberty”だ。フリーは“制約のない状態”という意味の自由だが、リバティは“闘い・運動を通じて手に入れた自由”という意味で、完全に思想や政治の用語である。現在の僕たちは、この「自由が丘」という名前にあまりにも慣れてしまっていて違和感を感じないが、よくよく考えると“民主が丘”とか“共和が丘”といったニュアンスだ。いやいや、“自由(liberty)”という言葉には反体制的な意味合いも含まれているので、戦争にむかい日に日に自由がなくなっていく当時の人達には、より強烈なインパクトがあったと思われる…。自由が丘にある雑貨店“私の部屋”の創業者であり、19世紀仏文学者ロートレアモン研究家でもある前川嘉男(1930‐2010)が自由が丘商店街振興組合理事長だった時、当時の“自由が丘オフィシャルガイドブック(2001年発行)”に寄稿した文章が、その時代の空気感とこの町の住民の感覚を伝えているので、ここで引用したい。

『自由が丘の凄いところは、なんといってもその名、ネーミングだ。1930年代の日本で“自由”という言葉は、メジャーな権力からみればほぼ禁句だったのに、住民の力でそれを正規の町名にしてしまったのだから凄い。おまけにその後、お上の町名変更の要求にも屈しなかったというのは、ほんとうに凄い。ぼくらは先輩に敬意を表し、この誇らしい町名を守りつづけたい。』


「自由が丘」という名前は手塚が自分の学校のためにつくったワードなのだが、その後急速に拡散していく。“自由ヶ丘学園”開校の次の年(1928)に、手塚がヨーロッパに行く船の中で知り合った前衛舞踏家・石井漠(1886‐1962)がこの土地にやってきて、自らの理想を叶えるための舞踏研究所を開設する。この石井が碑衾町大字衾字谷畑中というこの村の地名が気に入らず、「ここを自由が丘と呼ぼうじゃないか」と勝手に決めてしまった。石井は時の超有名人であったこともあり、郵便物も“自由が丘 石井漠”で届くようになり、この「自由が丘」というワードが世の中に広まっていった。1929年には駅名が“自由ヶ丘”駅に、1932年には地名も正式に「自由ヶ丘」となる。手塚や石井の人間的な魅力も大きかったとは思うが、この「自由が丘」という名前が、芸術家や作家などの文化人、そしてフロンティアスピリッツに溢れた商人たちをこの地域に呼び寄せ、1935年ころにはすでに“文化の香りのする街”としての成長をみせていた。1950年代には映画館6館を擁する“映画の街”として、その後も“雑貨の街”“スイーツの街”“ビューティーの街”…と、時代とともに街の景色は変化しつつも、文化発信度の高い街として発展し続けている。


「自由が丘」という名前がついて、もうしばらくすると100年だ。今、この土地に生きる僕たちも、手塚や石井をはじめとするこの街をつくってきた先輩たちのスピリッツを、常に胸にもって生きていきたい。

「自由が丘」という地の上で。いや、「自由が丘」という名のもとで。


西村康樹



※2020年3月19日発行 自由が丘オフィシャルガイドブックVol.30 (昭文社)掲載

特集「街はタイムマシーン」(P42~P45)より西村康樹 執筆


皆さんこんにちは。西村文生堂の渡邉です。

この度は表題の通り、当店の代表・ブックスタイリスト「西村 康樹」 を紹介します。



ー西村 康樹ってどんな人?


当店が創業したのは、1948年のこと。本年で72年目を迎えます。

西村はこの老舗古本屋の3代目。


本人が22歳だった頃に、すでに閉店しかけていたお店をリニューアルスタートさせました。1992年頃のことですが、大手古本屋チェーンが台頭してきたり、世の中のIT化がはじまりだした頃で、町の古本屋という仕事自体がこの先もあるのかと、思われるような時代。「もし古本屋がなくなるとしても、最後の1人になってやる」という気持ちで西村は当時古本屋を始めたと語っています。


現在は売上のなかで、EC販売の比率も高くなっているので、店舗は一箇所ですが店売りが全盛期だった1990年代は、3店舗を切り盛りするほどに成長を遂げました。

筆者は、現在24歳なのですが、それを思うと当時の彼の馬力は計り知れません。




写真左上から、1:当時の西村/店舗のなかで。 / 2:1号店のオープン時。お祝いの花輪と共に。3:2号店の写真 / 4:現在も在籍スタッフ松川さん。大学生の頃から勤務。/5:二代目3号店の写真



ー古本屋が街と繋がる



西村は後に、拠点とする街「自由が丘」の活動にも参加するようになります。

その背景には、自由が丘が発行する街の案内誌「ガイドブック」の存在ありました。


最初はアイディアを提供しただけでしたが、彼の等身大で的を得た提案が功を期して、徐々に企画側へと転進。

駆け出しで始めた古本屋としての10年間が、彼の育った街「自由が丘」の商店街活性化に繋がる瞬間でした。

西村は、古本屋という特性を生かし、自由が丘の古い資料の収集や研究もしています。故に自由が丘の歴史や文化についてものすごく詳しいとろも驚きです。

もしよかったら、この記事を読んでもらえるとわかると思います。


そして現在は、「自由が丘オフィシャルガイドブック」などの企画を進める「自由が丘商店街振興組合出版事業部長」として、活躍をしています。













写真:2020年発行の自由が丘オフィシャルガイドブック



ーこの街と共に生きる



さらには、自由が丘にキャンパスをもつ「産業能率大学」にて2008年より兼任講師として就任します。

彼が任された授業は「自由が丘イベントコラボレーション」というものでした。


実は、自由が丘という街は、商店街ぐるみで行われるイベントごとが多く、授業発足以前より同校の学生がボランティアとして参加していたそう。

その派生で生まれたこの授業は、地域活性化の目的で行われるイベントの企画を学生自身が考案し運営を実行するというもの。

とはいえ、未だかつてない授業スタイル。「正直、うまくいくのかさえわからなっかた」と本人も語るほど、当時かなりの見切り発車で始まったこの授業。ですが、現在では11年目を迎え、毎年約100以上の生徒が履修を希望するほどの人気授業となりました。


実は、私もこの授業を履修していた生徒の一人。この授業で得た経験は計り知れないほど、私の人生においても素晴らしい転機となっています。




写真:左から1.履修した生徒たちに向けて話す西村の姿。/2.授業開始10周年を記念したパーティーで歴代の履修生、授業に協力してくれた自由が丘の仲間と共に記念撮影




ーブックスタイリストとしての道



西村文生堂が現在のように洋書を中心とした書棚のスタイリングを請け負うようになったのは、だいたい15年前のこと。


とあるお客さんが、店舗の脇に置いてある洋書のカバーを剥がして見ているところを目撃!彼はアパレルを中心とした店舗のディスプレイを行うVMD(ビジュアルマーチャンダイザー)の方でした。その後彼のアドバイスもあり、一気にアパレルや、飲食店、オフィス、ホテルなどの内装装飾に関係する書籍を中心に取り扱うようになりました。


2013年にはディスプレイ洋書専門サイト10VISUAL BOOKSをオープン。

さらに、2017年に"本のある空間のコーディネート"事業にまで幅を広げた、株式会社LIBRO STYLE別法人として設立しました。






※本人談

「もし古本屋がなくなるとしても、最後の1人になってやる」

というのは、今思うと大袈裟で青臭くてちょっと恥ずかしいな。笑

今の目標は、「死ぬ日まで、古本屋でいること」です。


どうでしたか?

かなり幅広い顔をもつ彼ですが、上記に記載した古本屋としての日々の仕事、ブックスタイリングに関してはもちろん、大学や自由が丘にまつわることをSNSにて発信しています。

この記事を読んで頂いた方は是非、彼の発信する情報もチェックしてみてください!


西村 康樹が発信するSNSアカウントはこちら。

Instagram / Twitter / Facebook


こんにちは。スタッフの渡邉です。

この度は、当店がオリジナルで制作しておりますイミテーションブックの活用方法についてお話していこうと思います!






ーイミテーションブックって何?ー



そもそも、「イミテーションブック」という言葉を初めてお聞きする方もいるかと思うので、簡単にご説明します。


イミテーションとは、「模倣」や「模倣品」という意味で使用されます。本物ではなく、本物を真似て作ったもの。

要するに、イミテーションブックとは、本を真似て作った装飾用の模型です。

本物の本と比較して、下記のようなメリット、デメリットが挙げられます。





ーメリットー



・何より、軽量であること


イミテーションブックには、本物の本のようにページがなく箱状になっています。

その為、重量が断然軽く耐久性が不安定な場所や高所へのディスプレイにオススメです。


希少なカラーが揃う


当店のイミテーションブックは「ブラック」「ホワイト」「グレー」の3色を基調にデザインをしています。その理由は、本物の本では収集の難しいとされるカラーだから。イミテーションブックを使用すれば、希少なカラーを使用して何メートルでもディスプレイをすることが可能です。




ーデメリットー

デザインが少ない


当社制作するイミテーションブックはサイズが4種類(L、M、S、SS)あります。さらにサイズごとにカラーが3種類。その為、総デザイン数は12種類ほどです。

ですので、本物の本を使用して作る本棚に比べて同じパターンの背表紙が繰り返し使用されることになります。





ーオススメ!イミテーションブックの活用方法ー


そこで、当店ではイミテーションブックと本物の本をミックスしてお使いいただく方法をオススメしています!


本物の本と組み合わせることで、上記で記載したような同じパターンを繰り返すことに違和感を感じにくくなります。

また、カラーのものだけを組み合わせるよりもずっと落ち着いた印象になります。


実際に、設置まで携わらせて頂いた現場でもイミテーションブックと実物の書籍をミックスして棚作りを行うことも多いのですが、希少なカラーを用いることでとても洗練された印象になります。





ーイミテーションブックで洗練された空間を作れるー


上記でお話したように、イミテーションブックは使用のしかたひとつで、空間をディスプレイするうえでとても便利なアイテムです。

皆様が手掛ける、空間を彩る1つのコンテンツとしてお選びいただけたら光栄です。


また、当店のデザインに限らず、お客様からの別注でオリジナルデザインのものも制作が可能となりました。


お客様の会社のロゴやイメージカラーに合わせて、本体カラーやテキストの変更もできますので、是非ご相談ください。


書籍の選書・設置にまつわるご用命は当サイトのコンタクトページよりお問い合わせください。⁠




西村文生堂ディスプレイ洋書専用サイト

東京都目黒区自由が丘2-11-8

​☎03-3717-6843

​営業時間 11:00-19:30